2017年06月18日

6月うた若の会

今日は梅雨晴れの夏日の中、うたうたいの若者たちと地下の音楽練習室にこもっておりました

本日のお題は、ズバリ「自分のふり見て我がふり直せ!」
どうやったかというと、発声から曲に至るまで時々2人組になり、
自分のスマホを手渡して自分を撮ってもらう、
というまさに平成の世だからできるお手軽自己チェック法を用いました

え〜、アタシこんな顔して歌ってたのぉ〜
やっぱ、息が無くなると背中が反ってきてました
身体が思ったより揺れちゃってるぅ
顔、怖い・・・

自分ではやってるつもりでも、あるいはやってないつもりでも、
客観的に自分を見ると、アラアラ知らなかった自分がそこにいます

録音もそうですが、録画も自分が自分を知るとても良い手段になります。
自分が自分の最良のヴォイストレーナーになれれば、腕はどんどん上がります

うたうたいでは、練習中に気づいたことは清い心で相手に伝え、
その人が上手になるお手伝いをすることは心得の第一に上がっています。
それでも「わかったつもり」に人はなりがち(>_<)
練習中の自分の声を録音して凹む、というのもうたうたいの常識ですが、
これは自分の歌唱をチェックする良い手段ではあるけれども、
自分の何がどうしてまずい音を作り出しているのか、はよくわかりません💦
鏡を見て歌っても、実は客観的にはなかなかなりにくいのが人間のサガです
その点、録画は・・・超正直
いやというほど自分のありのままが映ってしまいます、おまけに音付きで

「自分のふり見て我がふり直せ!」
スマホが発達していて良かった〜

とは言え、やっぱ若者はスゴイ
言えばどんどん変わっていきます
あとはそれを持続できるかどうかやね
どのパートも、息をしっかりと吸って歌っているときは良い響きが出ています
でも焦ったり思いが走り過ぎて支えが上がると、ギャインという音が鳴ってしまいます
難しい曲を若者なりによう表現しようとしとりました
その調子であとは技術を上げていくだけやね

posted by wason at 21:38| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

合唱祭♪

福岡支部合唱祭、無事終了いたしました〜

指揮者が終わり次第大阪に戻りあちらの合唱祭に参加するという状態は、
おっちゃんでもま〜君でも変わりなく
ということでいつも朝一番に歌わせて頂いています
8:45には会場に集合し、ホールの外で身体ほぐし
今日は付近にいた知らない人たちも一緒にやっておられて、なんだか楽しかったです
そして9:05からはすぐリハーサル
フグでリハする合唱団なんてそうそうおらんやろ、と思いながら、
朝一番のオンステに備え、ノドと身体を急速解凍していきました
着替えたらあっという間に袖待機!
開会のあいさつの後すぐに歌うって、結構覚悟がいるもんです

でも、今日はステージに出てみると最前列に可愛い小学生がちょんまり座って待っていてくれました
全体を見回しても、なんだか制服組が多いような・・・
そんな純粋可憐な子どもたちを前に、いきなり「大阪ラプソディ」でゴメンね、
君たちにはちょっと早過ぎたかも〜
その上に「たった今死ぬかもしれない」なんて、ビックリしたろ?
でも、それに続く歌詞を、私たちはちゃんとあなたたちに伝えられたかなぁ。
「そう思えれば、争いも諍いもしたくなくなる」
「安らかに生きて行ければ、死ぬことは怖くなくなる」
って、ちゃんと暖かく伝えることが出来たかなぁ。
歌って、合唱って、生きるってステキなことだと伝えることが出来たかなぁ?

次のステージは、8月のコンクール福岡県大会です
そこで子どもへの祈りの歌を歌います。
かつて子どもだった大人が、未来を思って精一杯歌うためには、
まだまだまだまだ磨かないといけない技術がたくさんあります。
想いがないと歌えないけど、表現技術のない歌は聴き手に伝わりません。うたうたい、精進あるのみです

posted by wason at 22:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

6月本体練習その1

6/3・4の土日は、6月本体練習その1がありました(^^♪

土曜日、京都のおかあさんコーラスを終えたヴォイストレーナーのま〜君が夕方駆けつけてくれて、
丁寧な身体ほぐし声帯ほぐし、そして支えの位置のアラカルト講習をやってくれました
そして今度の合唱祭で歌う2曲の合わせ
そうこうしている間にやはり京都のおかあさんコーラスの審査を終えたおっちゃん登場
今年の合唱祭は、初めてま〜君の指揮で演奏するので、その2曲を聴いてもらいました
すると・・・京風のテイストにこってり大阪どろソースをトッピングした曲が誕生しました

よく日曜日は、おっちゃんとのガチンコ勝負
演奏会の曲からコンクールの曲まで、うたうたいも相当ガンバりましたが今回もおっちゃんに完敗です
ま〜ったくおっちゃんを納得させることが出来ません(^_^;)
いつか「ほぉ、やるやないか!」と言わせたいんですけどねぇ。

最後にもう一度合唱祭の曲を聴いてもらってヘロヘロの本体練習終了いたしました

夜は引き続きま〜君による個人VT
1回50分、個人の声をしっかり診ていただける貴重な時間です。
その人が一番良い発声が出来るような姿勢の取り方、立ち方、息の吸い方、張り方、息の流し方etc.etc.
楽器である身体が一人一人違うので、オーダーメイドの楽器作りには欠かせない作業です。
そして楽曲の歌いにくいところを中心に、今度は具体的な歌唱法を伝授して頂きます。
これも人によって微妙に違うアドバイスが出ますが、これがまた的確で、
聴講しているとみるみるその人が変わっていくのがよくわかります
ま〜君マジックです
年に4回程度ですが、1回につき5日間30人近いうたうたい人が次々とま〜君の個人VTを受け、
ほんの少しずつとは言え確実に成長していってます。
うたうたいにはなくてはならない大事な大事なメンテナンスです

そうしてまた今週末には、6月本体練習その2が合唱祭の本番を含めて行われます。
ガンバリまっしょい!



posted by wason at 13:26| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

5月本体練習その2

昨日も今日も、雲一つない、気持ちの良い、清々しい、絶好のドライブ日和の、運動会日和の、爽やかで、新緑の美しい五月晴れの週末の博多でした

なのに・・・私たちは窓ひとつない音楽練習室で、土日で10時間の鬼のような練習を繰り広げておりました

うたうたいの本体練習は基本おっちゃんがやってくれますが、おっちゃんが来れない時はヴォイストレーナーのま〜君かコンミスが行っています
おっちゃんのレッスンは、おもろくて愉快で厳しい
ま〜君のレッスンは、はんなりしていて愉快で厳しい
団員であるコンミスのレッスンは、情け容赦なく徹底的で厳しい

今回はコンミスのレッスンでした〜
だからみんなヘロヘロになりました〜

コンクール曲と演奏会の曲と合唱祭の曲合わせて10曲、ぶつかり稽古のような二日間でしたね。でも、今回は練習ピアニストのななちゃんに来てもらって、演奏会の大事な曲を合わせることが出来て良かったです
ウチは基本アカペラ合唱団なので、ピアノ伴奏があると聞き惚れて出そこないます(>_<)
でも、第5のパートとして、ななちゃんとっても頑張ってくれました
ありがたや、ありがたや

そして合唱祭を2週間後に控え、仕上げの時期に入ってきている2曲は、コンミスレッスン恒例の1パート1人歌い。
歌い手の責任感は人数に反比例すると言われていますが、
「一人で歌えない者はみんなでも歌えていない!」を合言葉に、責任を持って自分のパートを歌い、
他のパートをしっかり聴いて合わせていく大切なレッスンです
みんな初めは相当緊張してしどろもどろで歌っていますが、そのうち腹がすわった(観念した?あきらめた?)人から、
次第に音楽を奏で始めるのがわかります
そうそう、その調子
歌った後はパートに戻り、パートのみんなから褒めてもらったりアドバイスもらったりの繰り返しをします。
そうして全体で合わせると、あら不思議
初めより数段上手くなっているじゃありませんか

こうして時間いっぱいまで歌い尽くしたうたうたいは、来週の本体練習までに完全暗譜してこ〜いっ!
というコンミスの至上命令を背に、解散したのでありました。
目出度しめでたし

合唱祭まで3週連続の本体練習、みんな倒れないようにガンバっていきまっしょ!






posted by wason at 21:03| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

うた若の会

五月晴れの今日、うたうたいの若手の皆さんと「うた若の会」練習を行ってきました

若手と言っても、39歳以下というなんともアレなんですが
声ではなく響きで歌う、直線的なビームではなく放物線を描いて歌う、アゴを落とさず軟口蓋をしっかり上げて歌うetc.etc.
そのためにはたくさん息を吸える身体、その息を噴き上げることの出来る筋肉、流すことの出来る要領・・・
そして「日本語の魔術師」と呼ばれるおっちゃんの音楽を創るための言葉のさばき方

大人になっておっちゃんと出会ったうたうたいには、どれもこれも難しい事ばかり
特に、声帯の強さだけで歌いまくるクセのある九州人にとっては、至難の業ばかりです

昔のクセに染まりまくったおじさん、おばさんも頑張ってはいますが、
ここはいっちょ、少しでも若い人からマスターしていってもらうのが得策かと思い、
4月から月1で始めたうた若の会。
少しでも若者の成長のきっかけになればな、と思います。

先日の本体練習で大寝坊して昼から来た〇っつんは、会場が空く前から来てました(^^)
虚弱体質のま〇てぃは、「今日は元気!」と言いつつ、開始10分で座り込んでました(^^)
知性派の〇ょうちゃん、今日もとてもよく熱心に取り組んでましたね(^^)
大人しキャラの〇っちゃん、ずいぶん声を出せるようになりました(^^)
教育実習で高校生に愛でられ、ヨレヨレになってたきっ〇ょむ、よくガンバって来ました(^^)
ほんわかキャラのゆ〇ちゃん、困った顔してよう頑張りました。手作りプチシュー、美味しかったよ(^^)
運動会前で今からまた学校で旗作り!と佐賀まで戻った〇ろちゃん、身体壊さんようにね(^^)
後頭部の髪を、ピッと後ろに引っ張ってもらうだけでめっちゃ良い響きの出る〇んぴ、自力で出るようになるといいね(^^)
4月から新米医者のどく〇ま、少しでも歌いたいと思う君の気持ちを大事にやっていこうね(^^)
就活も忙しかろう〇ば、良い咽喉をもって生まれてきているのは宝だね(^^)
先日まで自衛官だったチャー〇ー、少し表の筋肉をほぐしていって内側の筋肉で歌っていこうね(^^)

そして今日来れなかった若者の皆さんも、慌てず焦らずあきらめず、一歩一歩進んでいきましょう

次は週末の5月本体練習その2ですね
その前に福岡西方支部練、南方支部練、福岡支部練があります。
2人集まったら声が合わせられる
合わせてなんぼの合唱ですから、張り切ってまいりましょう

posted by wason at 21:04| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする